FC2ブログ
知りたかった事を書くねん
ネットで調べた事の日記
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェブサーバ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


客であるウェブブラウザのURLにて指示された、Webサーバ内に存在しはるHTMLドキュメントの各種情報を、客から接続されたHTTPに則ったTCP/IPソケットストリーム(HTTPコネクションと呼ぶ)に送信しはるちうわけや。ようけの場合、客のウェブブラウザとの間に複数のコネクションを張り、HTMLドキュメントとその配下の個々の情報ファイル(画像ファイル情報やらなんやら)を並列して送り、処理時間を短縮してサービスを提供しとるちうわけや。

またぐら、HTMLドキュメントに各種処理を組み込み、CGIスクリプトやJava Servlet(サーバねきで実行されるJavaプログラム)と呼ばれるWeb画面に連動した動的処理を行う事が可能であるちうわけや。CGI処理においてはPerl・Ruby・PHPやらなんやらのスクリプト言語によって開発されることが多いちうわけや。

Java Servletにおいては、Javaによる動的処理の負荷を分散しはるため、Java Servletを処理しはる機能を別サーバに切り出し、Webアプリケーションサーバとして、垂直分散(スケールアウト)しはる事も一般化しとるちうわけや。

大規模なWebサービスを提供しはる場合、同じサービスを提供しはるWebサーバを並列して設置し、ロードバランサと呼ばれる各種ロジック(ラウンドロビン方式や処理中の負荷を計測して割り当てるサーバを決定しはるものや、サーバの性能を考慮して重み付けをしはる方式やらなんやらが存在しはる)によりWebサーバへの処理を振り分ける装置を、Webサーバ群の前に置く事が多いちうわけや。

これにより、Webサービスを提供しはる際のサーバ故障に対しはる可用性・信頼性を確保しはるちうわけや。(疎結合クラスターの一種と定義される)

またぐら、不特定多数のウェブブラウザ(客)との接続を行うため、一般的にWebサーバ及びWebアプリケーションサーバにはDNSサーバとの連動設定を組み込む。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。