FC2ブログ
知りたかった事を書くねん
ネットで調べた事の日記
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェブページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


ウェブページ(Web page, webpage)は、ウェブ上にある個々の文書のこと。 もし、あなたがこの記事をWorld Wide Webを使ってパソコンの画面上で見ているなら、この記事もウェブページの1つである。ウェブページのことを略して「ページ」ともいう。また、WP(WebPage)と呼ぶ人もいる。

書物のページとは異なり、ウェブページ同士を相互にハイパーリンクという形で指し示して移動できる(ハイパーテキスト)が特徴である。

大半のウェブページは、HTML(またはXHTML)とスタイルシート[1]、画像データで構成されており、ウェブブラウザを使用して閲覧されることが一般的である。HTMLではブラウザ毎の解釈が異なる場合があるため、企業などが制作しているページにはPDFが用いられていることもある。

JavaアプレットやJavaScript、Flashなどを付加的に用いて、アプリケーションやインタフェースの機能を追加する場合がある。

インタラクティブなウェブページの生成にはCGIを介してC言語やPerlを利用する方法、Javaサーブレットを利用する方法、PHP、HTML中にプログラムを埋め込むJSP、ASPなどの技術が使用されている。

一連のウェブページの集まりとしてできている意味のあるまとまりをウェブサイトという。ウェブサイトの入り口にあたる部分をホームページという場合がある。「ホームページ」を、ウェブページあるいはウェブサイトの意で用いる場合がある。この使い方は本来は誤用であったが、日本やドイツなど一部の国では一般的になっている。

自分でウェブページを作成する場合、多くは専用のアプリケーションソフトウェアとしてWebオーサリングツール、通称HTMLエディターと称するカテゴリーのソフトウェアを用いる。Office系アプリケーションでは作成したドキュメントをHTML形式で出力する機能を持たせたものもある。

スポンサーサイト
Web日記
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Web日記(ウェブにっき)は、主に個人がWWW上で不特定多数に公開する日記の総称。HTMLやCGIなどによって動作する日記ツールなどを用いて書かれる。


Web上での日記書きは、インターネットの黎明期より、誰でもかける身近なコンテンツとして個人の間で行われていた。しかし、1996年「日記猿人」(にっきえんじん)という日記リンク集の誕生により様相が大きく変化する。日記猿人は投票システムを持ち、登録した個々のサイトのランキングを出すことに特徴があった。この新しいシステムの元では多くのサイトがランキングを上げようと目論見、内容はエンタテインメント性を強めていった。そして数多くの人が読んで楽しめるサイトになっていった。

この間、ランキング上位のサイトのアクセスは指数的に増大し、これまで個人のものであった日記が、集客力を持つコンテンツに変わったのである。Web日記の知名度が高まると、自分でも書いてみようとする人が多く現れ、日記書きは大ブームとなった。また日記書きとその読者、もしくは日記書き同士に交流が生まれオフ会なども頻繁に開かれていた。日記猿人の人気は2000年頃まで続き、その後は、日記才人に受け継がれた。また、日記猿人以前には日記リンクスというサイトがあった。

一方、ランキングサイトなどとは無関係に、同好の士によりある程度閉じたコミュニティとして存在している場合もある。なお、この場合は不特定多数に向けたエンターテインメント性を志向することはあまりないとされ、実際に一般的でない隠語などが多用される場合も多い。

文章のひとまとまりごとに起点側と終点側のアンカーを同時に設定して、他サイトからのリンクを張りやすくする(リンク先URLを取得しやすくする)工夫がよく行われる。

また、リンクを張った後、まず自分でリンク先のWeb日記へアクセスする慣習もある。ブログで使われるトラックバックに近い行為であるが、Webサーバまたはアクセス解析のリファラログにより管理人によってのみ認知される場合が多いため、ブログのように他人から分かるように表に現れることは少ない。

Web日記更新の検知は、大手ランキングサイトではなく、利用者個人によってWebサーバ上に設置されたアンテナシステム(朝日奈アンテナ、なつみかんなどが有名)が利用されることが多い。最近は、設置の手間が省けること、Webサーバでのプロセス使用権限を必要としない、何より無料で使用できることから、はてなアンテナの利用率も伸びてきている。

ウェブディレクトリ
ウェブディレクトリっては、分類ごってに、人知を用おってウェブサイト単位で登録の可否を審査やるWorld Wide Webでの索引集のこって。ディレクトリ・サービスが、LANやらなんやらのコンピュータネットワークでのディレクトリをも含むけど対して、ウェブディレクトリの語は、WWWのディレクトリに対してのみ用いられるちうわけや。

ウェブディレクトリでは、登録されたウェブサイトに関やる情報のデータ構造が、必ずツリー構造をなしており、検索エンジンを用いなくっても目的ってやるカテゴリに辿りつけるようになっとる。代表的なウェブディレクトリではその中に登録されとるウェブサイトを対象ってやる検索エンジンが併設されとる。これをディレクトリ型検索エンジンちゅう。

ウェブディレクトリへの登録は、編集者が自ら選択したり利用者よってに登録申請されたウェブサイトの掲載可否を審査したうえで、内容を分類し適切な説明を付加やるちゅう手ぇ順で行われるちうわけや。

1994年のYahoo!を皮切りに、ようけの企業がウェブディレクトリの作成を、自社独自ちゅう集中型で始めたちゅうわけや。他のウェブサイトにデータの提供を行う分散型のウェブディレクトリってしては、LookSmartって、審査もデータ利用もタダのOpen Directory Projectがあるちうわけや。これらねんうな多言語で展開やるもんの他に、日本語専門のウェブディレクトリも多いちうわけや。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。