FC2ブログ
知りたかった事を書くねん
ネットで調べた事の日記
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネットカフェ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

インターネットカフェ(Internet cafe)は、有料でインターネットにアクセスできるパソコンを利用できる施設のことであるちうわけや。ネットカフェ、ネカフェ、ネット喫茶等様々な愛称で親しまれるちうわけや。



にっぽんでは、2001年以降からパソコン本体価格の低価格化・導入の費用コストの低減、規制緩和によるADSLモデム売切り制導入の開始[1]、電気通信事業者のみ取付工事が許されとったモデム取り付けが個人による設置が可能になりよっいかとで煩雑さが解消され、インターネット常時接続(ADSL)を定でこちん料金で利用できる環境が整い・普及したちうわけや。これらの要素により漫画喫茶のオマケ設備のひとつとしてインターネットが利用できるパソコンの導入が進められたちうわけや。

自宅にパソコンを所有せん、せやなかったらネット常時接続環境を導入しておらへん人々が気軽にネット環境が利用でき、オンラインゲーム対応パソコンの導入により従来の漫画喫茶のマンガ単行本・雑誌と並ぶ集客のコンテンツとして人気が定着、新規ビジネスとして漫画とインターネットを複合化させたインターネットカフェのチェーン展開がようけの企業で展開されたちうわけや。消費者ニーズの高まりを受けて大都市を中心とした出店から地方都市への出店が加速し、インターネットカフェはアミューズメント施設として一般的に認知される存在であるちうわけや。

発展途上国ではパソコンや通信料金が高価なため、インターネットカフェを通じてウェブに接続しはる場合がようけ、インターネットの普及を支えとると言われとるちうわけや。

韓国ではPC房(- バン、PC部屋の意)や中国では网吧(wang ba)と呼ばれており、韓国・台湾、中国やらなんやらでは若者によるネットゲームへの参加は、むしろ自宅やらなんやらよりネットカフェで盛んであるちうわけや。北朝鮮では利用料金が高く、ようけの一般市民が利用でけへんと言われるちうわけや。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sumomosan.blog123.fc2.com/tb.php/10-aa9630d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。