FC2ブログ
知りたかった事を書くねん
ネットで調べた事の日記
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イントラネット
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

イントラネット(Intranet)とは、社内等、限定された範囲でのコンピュータネットワークを構築しはる時に、インターネットの標準的な技術を利用しはることで低コスト化とベンダー独立性を高めようとしはるとりくみ。またぐら、そねんうにして構築されたネットワークを指す。

例あげたろか,たとえばやなやなあインターネットで普及しとる通信プロトコルを用いて社内の情報共有システムを構築しはることで、広く普及しとるインターネット用のソフトウェアやハードウェアをそのまんま利用でき、またぐら標準化された技術を使うため、他社と協力してエクストラネットに拡張したりしはることが容易になるちうわけや。

イントラネットちう言葉は、インターネットちう言葉が一般的になりよったのを受けて登場したちうわけや。

当初においては、メーカー毎に独自のプロトコルで行っとったLANやWANにFTPやTCP/IP等インターネットで標準化しとる通信プロトコルを取り込み、汎用的なハードウェアの導入によるシステム構築の低価格化やったちうわけや。

導入当初は、メインフレームと言われる汎用コンピュータやオフィスコンピュータ等や端末機と通信機器が高価な専用機やったが、導入の容易な通信機器の分野から導入が始まったちうわけや。

まず、各コンピュータや端末機がモデルチェンジしはる際に10BASE等のインターネットで標準化されとるインターフェイスを追加しはることにより通信の為のインターフェイスを共通化させ他社装置間の通信を容易にし、通信に掛かる開発コストやらなんやらを押し下げたちうわけや。導入当初はパーソナルコンピュータが高価やったため、専用端末を使用しとったがWindows3.1が登場した付近からパーソナルコンピュータの低価格化が進み、パーソナルコンピュータに専用端末機のエミュレーション機能を盛り込むことやらなんやらによって、システムの低価格化を推し進めたちうわけや。

当初は同一社屋内の汎用コンピュータやオフィスコンピュータ等と端末機間の通信に限られとったちうわけや。後に、光モデム(専用線仕様)等が登場し離れた地点同士でイントラネットの環境を使えるようになり現在のイントラネットとしての形が整ったちうわけや。またぐら、光ファイバーによるトークンリングと呼ばれる高速LAN設備やらなんやらが登場しはるやらなんやらイントラネット専用機器も増えて行ったちうわけや

後にインターネットへの接続が可能となるが、BIGLOBEやNIFTYやらなんやら大手プロバイダの登場を待たなければならなかったちうわけや。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sumomosan.blog123.fc2.com/tb.php/16-f661f86b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。