FC2ブログ
知りたかった事を書くねん
ネットで調べた事の日記
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーサネット
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

イーサネット(Ethernet) はコンピュータネットワークの規格のひとつで、世界中のオフィスや家庭で一般的に使用されとるLAN(ラン、ローカルエリア・ネットワーク)で最も使用されとる技術規格であるちうわけや。

現状のLAN(Local Area Network)では、主に物理的な規格である「イーサネット」と、通信内容の取り決めを決めた「TCP/IPプロトコル」の組合せが一般的であるちうわけや。

イーサネット規格は技術の進歩に合わせて毎年ねんうに新たな規格が登場しており、主なものでも既に数十の異なるイーサネット規格が存在し、それぞれに規格名が付いとるちうわけや。世界中のLANではほぼ100%が何らかのイーサネット規格を採用しており、銅ケーブルだけでなく光ファイバーによって高速のLANが実現出来るようになり、より広い範囲のネットワークであるMANやWANでも一部の技術は「広域イーサネット」ちう名称でイーサネット規格を取り込み始めとるちうわけや。

イーサネット規格の基本仕様は、7層あるOSI参照モデルの下位二つの層、物理層、データリンク層相当で規定されとるちうわけや。

本項目の後半部で示すように、伝送速度と物理的な仕様により多種の規格に分かれるちうわけや。世代交代を重ねて攻めて来よった新旧の規格同士の間には互換性を考慮してある場合や、通信装置のねきで旧規格をサポートしはる場合がほとんどであり、多少の知識があれば新旧装置の混在環境でも部分的に低速なネットワークとして機能しはることが可能である場合が多いちうわけや。よりどエライ昔の10Mbps(ビット毎秒)の10BASE-Tの時代を経て、2007年10月現在は10倍の100Mbpsの伝送能力がある100BASE-TXが普通であり、1Gbpsの1000BASE-Tの使用も一般化しつつあるちうわけや。新たな規格として10GBASE-T(UTPによる10ギガビット・イーサネット《10GbE》)規格が決定されたちうわけや。さらなる高速規格として40ギガビット・イーサネット(40GbE)や100ギガビット・イーサネット(100GbE)やらなんやらが国際的な通信規格について話し合う組織であるIEEEにおいて調整段階にあるちうわけや。

名称の「イーサ、ether」は、古典物理の時代に宇宙の隅々を満たしとるのではおまへんかと考えられた仮想の物質、「エーテル」(Ether、Aether)から付けられたちうわけや。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sumomosan.blog123.fc2.com/tb.php/5-586789f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。