FC2ブログ
知りたかった事を書くねん
ネットで調べた事の日記
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネットオークション
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

インターネットオークションとは、インターネットやらなんやらの通信媒体を利用した競売(オークション)であり、ネットオークションと略称されることもあるちうわけや。

1990年代以降、インターネットやらなんやらの通信媒体を利用したネットオークションサイトが登場し、一般の人でも手軽に出品や入札ができるようになりよったちうわけや。にっぽんではYahoo! オークション(1999年9月サービス開始)が国内最大手として有名で、他にも楽天やビッダーズやらなんやら、検索サイトやオンラインショッピングサイトが独自のサービスを展開、利用者を集めとるちうわけや。近年ではKDDIがauオークションを提供し、NTTドコモもオークション事業に進出しはるやらなんやら、携帯電話によるオークションも活発化しとるちうわけや。「WANTED」はタダであるちうわけや。そのため、詐欺等での保険がないちうわけや。

なお、ネットオークションサイト世界最大手のeBay(イーベイ)も2001年ににっぽんへ進出したものの、にっぽんでは先行しとったYahoo!に太刀打ちできず、2002年3月限りで撤退したちうわけや。余計なお世話やけどYahoo!の場合、2000年代初頭に於いて毎日のべ700万件以上の物品が出展されとるといわれるちうわけや。現状ではYahoo!オークションが圧倒的に有名であり、かつ利用者も多いちうわけや。出品手数料が3%から5%に引き上げられたがほんでも尚、利用者は大幅に減らんと取引が続けられとるちうわけや。この理由としてYahoo!オークションの知名度が高く、出品者、利用者双方とも集まりやすいためといわれとるちうわけや。

またぐら、オークションサイトのシステム上で、出品者が落札者を・落札者が出展者を相互に評価できるシステムがあり、これによって落札者と出展者が、双方信頼しあった上で売り買いしはる事ができるよう配慮されとるちうわけや。

1999年から不動産オークションが解禁され、近年の不動産投資ブームとあわせて注目されており、今後さらなるオークション市場の広がりが予想されるちうわけや。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://sumomosan.blog123.fc2.com/tb.php/9-ee70751f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。